Home

私たちニューロウェルは、脳科学メソッドをベースに
健康習慣づくりを提案し、
「なりたい自分になる」あなたを応援します!

Dr.Akiko(山下あきこ)紹介

私が生涯かけて成し遂げたいこと、それは、人が自分らしく生涯をまっとうできるための社会を作ることです。病気を治すより、病気にならないようにするにはどうしたらいいかを人々に伝える活動をしたいのです。 そこで神経内科の知識と経験を生かし、脳科学的アプローチから健康的な生活習慣が身につくような取り組みを行おうと決心しました。正しい医学知識を提供し、心や体にとって好ましい生活を習慣化するためのお手伝いをする事が私の真の喜びなのです。 病気になる前に正しい取り組みを始めれば、病気の苦しみを味わうリスクを最小限に抑え、高齢になるまで元気に動け、社会全体が元気になります。そして、医療費も大幅に削減できる事は間違いありません。
  健康的な生活を習慣化するための3ステップは、まず周りからの縛りに気付いて余計なストレスを抱えないようにする事、さらに年齢・環境・経験によって自分が変化していることを受け入れる事、そしていまここを意識して自分の感情・体調・行動を客観的にみる事。 このステップで大切なのは、丁寧に観察して気づく、そして自分が囚われているものから離れる事です。これは1回やっただけではあまり効果がありません。毎日意識的に続ける事で、習慣になるのです。一度習慣になれば、努力や我慢ではなく当たり前の心地よいものになります。 そして、こうした健康的な生活習慣は体が元気になるだけでなく、心が安定して幸せ感が増すという大きなおまけも付いてきます。 ぜひみなさんにも、はつらつとした明るい人生を手に入れてもらいたいと心から願っています。

山下 あきこ 医師・医学博士・MB-EAT Professional
1974年 佐賀県生まれ
川崎医科大学卒業
株式会社マインドフルヘルス 代表
【所属学会等】
・日本内科学会総合内科認定医  ・日本人間ドック学会専門医  ・日本神経内科学会専門医
・日本抗加齢医学会  ・老年精神医学会  ・American Academy of Neurology  ・日本医師会
【著書・メディア掲載/監修】
「やせる呼吸」(二見書房)
・ウェブサイト「リンククロス」 ・ウェブサイト「WOMe」 ・ウェブサイト「グリコBefix」
・テレビ「世界一受けたい授業」日テレ(2018年11月10日)
・ラジオ「よなおし堂」RKB(2019年1月15日)
・雑誌「anan」(2019年2月6日号)
・雑誌「サンキュ!」(2019年6月号)
・雑誌「女性自身」(2019年6月20日号)

MB-EAT
マインドフルネスに基づいた食事の認知療法

日本では、マインドフルネスという言葉をここ数年でよく耳にするようになりました。禅の教えをもとに、1970年代にアメリカでジョン・カバットジン博士によって形態化された手法として認識されています。
MB-EATは インディアナ大学の名誉教授ジーン・クリステラー博士が開発したもので、マインドフルネスに基づいた食事の認知療法です。クリステラー博士は1974年から日本に留学して京都大学でマインドフルネスについて研究し、その後ジョン・カバットジン博士と共にマインドフルネスと肥満や健康行動について長年研究を続けてきました。MB-EATはクリステラー博士の 40年以上の研究の集大成とも言える内容となっています。既存のダイエット法にありがちな厳しい食事制限や運動を課して、意思力や厳格な自制心に委ねたりするのではなく、バランスや自己調整を養い、内なるグルメを育てていきます。味覚の変化、身体的な空腹感や満腹感、胃の膨満感に注意深く繋がっていく方法を学ぶ、”ダイエット法”というよりも”五感トレーニング”と言えるプログラムです。
 
2019年7月、私たちは米国にてクリステラー博士より直接MB-EAT for Professionalトレーニングを受け、MB-EAT講師として日本で正式なMB-EATプログラムを用いてあらゆる食事の問題を解決するお手伝いが出来るこようになり、これからますます皆様のお役に立てることを嬉しく思います。


マインドフル・ヘルスアカデミー

マインドフル・ヘルスアカデミーは、
ニューロウェルが掲げる「健康の7つの柱」
1:マインドフルネス
2:栄養
3:睡眠
4:運動
5:コミュニケーション
6:ポジティブ心理学
7:習慣化
をベースに、なりたい自分に近づくために何が必要かを考え提供するプログラムの総称です。
ダイエットやアンチエイジング、健康習慣など目指す姿によってプログラムは細分化されており、それぞれに必要な基礎知識の提供、さらにそれらが習慣化することを目標に、講師陣が親切・丁寧にサポートします。

NEUROWELヨガ

五感を研ぎ澄ませて自分と向き合い、
生涯ずっと動ける身体へ…

自分の内側に意識を向けて心と身体を観察する、マインドフルネス瞑想に近いヨガと言われている陰ヨガをベースに、サルコペニアやフレイルを予防し、生涯元気に動ける身体づくりを目指す「NEUROWEL Yoga」。ヨガが苦手だと思っていた方や身体が硬いと諦めていた方にも楽しんでいただけるレッスン内容となっています。予防医学である東洋医学やアロマテラピーが組み込まれたオリジナルのヨガレッスンをぜひ体験してみて下さい。
また、プライベートレッスンや出張レッスンもお気軽にお問い合わせください。


専属講師 Yasuko Otsubo

大手旅行会社在職中、海外支店(モルディブ支店)赴任を経験する。初めて外国人の部下を持ち、日本とは全く異なったイスラム教の島国で生活をしていくうちに、ストレス過多状態で体調を壊し、そんな中マインドフルネスと出会う。マインドフルネスで自分の脳疲労状態に気付けてからは、自分と向き合う時間を確保し、ヨガやマインドフルネス瞑想を毎日実践していくことで、マインドフルネスの恩恵を実感する。また、マインドフルネスがアルツハイマーの予防になることを知り、実父がアルツハイマーだったことから、もっと沢山の人達にマインドフルネスを広め、ストレスマネジメントの出来る健康な心と身体づくりに貢献したいと考えるようになる。

マインドフル健康指導士
MB-EAT 講師
マインドフルネス企業研修講師
ヨガ・インストラクター(全米RYT200修了、陰ヨガ指導士、ヨガニードラ指導士)
AGEフード・コーディネーター

お問い合わせ先

一般社団法人NEUROWEL
〒107-0061東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3階
TEL: 03-6271-1812

メールはこちらから


Copyright 一般社団法人NEUROWEL – All rights reserved